ソーシャルメディア

防衛省OB太田述正ブログ

日本は自分からアメリカの属国をしています

月別: 2006年11月

日本・米国・戦争(補注)

太田述正コラム#1539(2006.11.30)<日本・米国・戦争(補注)>(有料→2007.4.24公開)  (全文を読めるのは有料読者だけです。現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です。この半年分の会費は5,0 […]

日本・米国・戦争(その2)

太田述正コラム#1538(2006.11.30)<日本・米国・戦争(その2)>  (現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です。この半年分の会費は5,000円です。会費を納入された方でご希望の方に、当コラムの全バック […]

イラクの現状は内戦か

太田述正コラム#1537(2006.11.29)<イラクの現状は内戦か>(有料→2007.4.23公開)) 1 始めに  イラクの現状が内戦(civil war)であるかどうか、という神学論争が、米国でますます喧しくなっ […]

日本・米国・戦争(その1)

太田述正コラム#1536(2006.11.29)<日本・米国・戦争(その1)>  (現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です。この半年分の会費は5,000円です。会費を納入された方でご希望の方に、当コラムの全バック […]

米国最新女性事情(その1)

太田述正コラム#1535(2006.11.28)<米国最新女性事情(その1)>(有料→2007.4.21公開))  (本篇を全部読めるのは有料読者だけです。現在、来年1??6月の新規有料読者を募集中です。この半年分の会費 […]

ポロニウム殺人事件と英露関係

太田述正コラム#1533(2006.11.27)<ポロニウム殺人事件と英露関係>(有料→2007.4.17公開)) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 12月に入ってから改め […]

レバント紛争の終結

太田述正コラム#1532(2006.11.27)<レバント紛争の終結> 1 始めに  聞き慣れぬレバント紛争とは何かについては、コラム#1372をご覧頂くとして、この紛争の北方戦域(レバノン)における8月の停戦にはるかに […]

ポロニウム殺人事件とロシア

太田述正コラム#1531(2006.11.26)<ポロニウム殺人事件とロシア>(有料→2007.4.16公開) 1 始めに  ポロニウム殺人事件に関するロシアに対する疑惑は深まるばかりです。 2 物的状況証拠  1991 […]

奴隷制への英国の謝罪

太田述正コラム#1530(2006.11.26)<奴隷制への英国の謝罪> 1 始めに  奴隷制廃止の経緯については、以前(コラム#591、592、594、601、608で)詳細に取り上げたところですが、明11月27日にブ […]

殺しのライセンス(続々)

太田述正コラム#1529(2006.11.25)<殺しのライセンス(続々)>(有料→2007.4.13公開))  (本扁は、コラム#1518の続きです。) 1 リトヴィネンコの死とその死因  アレクサンドル・リトヴィネン […]

日本の核問題をめぐって(その2)

太田述正コラム#1528(2006.11.25)<日本の核問題をめぐって(その2)>  (本扁は、コラム#1523の続きです。) 4 コラム「美しい国の核密約」について  (1)氏の主張  しかし、私の懸念はやはり的中し […]

酒と日本人

太田述正コラム#1527(2006.11.24)<酒と日本人> 1 始めに  飲酒運転による交通事故が相変わらずよく起こっていますが、総じて日本人は酒の上の過ちに寛容です。 一体どうしてそうなのか、考えてみました。 これ […]

有料コラムを増やす方針について

太田述正コラム#1526(2006.11.24)<有料コラムを増やす方針について> 1 あるブログ読者とのやりとり <読者> 私は有料購読をしておらず、もしかしたら、私の言いたいことが既に非公開の文中に含まれているかもし […]

「先進国」日本のひどい男女格差

太田述正コラム#1525(2006.11.23)<「先進国」日本のひどい男女格差>(有料→2007.4.10公開) 1 先進国日本  先般、英国のエコノミスト誌が発表した世界民主主義ランキングで、世界167カ国中、日本は […]

スコットランドとイギリス(その2)

太田述正コラム#1524(2006.11.23)<スコットランドとイギリス(その2)> 3 合邦解消へ?  来年5月、スコットランドとイギリスの合邦記念日の数日後にスコットランド議会選挙が行われます。 その選挙で独立派の […]

日本の核問題をめぐって(その1)

太田述正コラム#1523(2006.11.22)<日本の核問題をめぐって(その1)> 1 始めに  情報屋台(コラム#1447。一般公開まで、もうすぐだと聞いています)の同僚執筆者の紀真人氏のコラム、「産業革命はなぜ連合 […]

スコットランドとイギリス(その1)

太田述正コラム#1522(2006.11.22)<スコットランドとイギリス(その1)>(有料→2007.3.31公開) 1 始めに  スコットランドはアイルランドとともに、欧州文明の一翼を担い、イギリス(アングロサクソン […]

韓国での按摩騒動(その2)

太田述正コラム#1521(2006.11.21)<韓国での按摩騒動(その2)> (2)韓国での按摩専業制をめぐる騒動  米軍は戦後、日本を占領しましたが、日本では、盲人には高い技術が必要な按摩等はできないとして盲人が按摩 […]

韓国での按摩騒動(その1)

太田述正コラム#1520(2006.11.21)<韓国での按摩騒動(その1)> 1 始めに  韓国で、盲人の按摩(マッサージ)専業制を維持するかどうかをめぐって一騒動が持ち上がっています。 実は、この制度が導入されたのは […]

殺しのライセンス(続)

太田述正コラム#1518(2006.11.20)<殺しのライセンス(続)> 1 始めに  ロシアの諜報機関FSB(Federal Security Bureau。ソ連のKGBの後継機関)は、殺しのライセンスを乱発している […]

殺しのライセンス

太田述正コラム#1517(2006.11.19)<殺しのライセンス> 1 始めに  「英対外情報部(MI6)のスパイの活躍を描く映画007シリーズ「カジノ・ロワイヤル」のプレミア試写会が行われたばかりの英国で、本物のMI […]

美人論(その2)

太田述正コラム#1516(2006.11.19)<美人論(その2)>  (本扁は、コラム#1511の続きです。) (ある知人に、黄金分割と美、ないし美人の関係について話したところ、「先だって、TVの番組で同じ話をやってい […]

産業革命をめぐって(その3)

太田述正コラム#1515(2006.11.18)<産業革命をめぐって(その3)>(有料) 4 産業革命はなかった(詳論)  (1)疑問の始まり  1988年に英国に「留学」していた時、何班かに分かれて英国の国内研修旅行に […]

精神分裂のノムヒョン政権

太田述正コラム#1514(2006.11.18)<精神分裂のノムヒョン政権> 1 始めに 北朝鮮の核実験をきっかけにして、韓国では、親米派と親北朝鮮派の二派に修復不可能な形で分裂している状況が顕在化した、と日本経済新聞の […]

国内不祥事のその後(その1)

太田述正コラム#1512(2006.11.17)<国内不祥事のその後(その1)> 1 始めに  この数日間の日本の新聞の本紙や電子版に、昨年から今年にかけて世間を騒がしたいくつかの不祥事のその後に係る記事が出ていましたが […]

美人論(その1)

太田述正コラム#1511(2006.11.16)<美人論(その1)> 1 始めに  ワシントンポストの編集委員(staff writer)のDavid Von Drehle(ドイツ語読みならドレーレだが、英語読みなら何て […]

台湾での大スキャンダル(続々)

太田述正コラム#1509(2006.11.15)<台湾での大スキャンダル(続々)>  (本篇は、コラム#1493の続きです。) 1 始めに  その後、台湾建国同盟が、陳水扁総統不信任案に賛成すると言っていた態度を豹変させ […]